東海学園高等学校

MENU

トップ > 3つのコース > 飛翔コース

3つのコース

飛翔コース

特別カリキュラムで学ぶ力を伸ばし、国公立・難関私立大学をめざす。
国公立・難関私立大学への進学を目標とする特別進学コースです。5教科に重点をおいたカリキュラム、 放課後や土曜日を活用した補習や自学自習の支援、豊かな経験を通して主体的に深く学ぶことができる 独自のプログラムによって、それぞれの目標に向かって飛翔する意欲と学力を身につけます。

3年間の流れ

飛翔コースの流れ 飛翔コースの流れ

※大学受験を意識し、集中して取り組める授業内容、カリキュラムの工夫。

「確かな学力」と「豊かな経験」を両輪とした、飛翔コースの指導体制

1.「確かな学力」の育成
●1年次から大学受験を意識した授業をおこない、補習や特別講座などとあわせて受験学力を伸長します。
●放課後は、補習や自習に取り組む時間を確保します。
●1年次には英検・数検準2級、2年次には2級の取得をめざします。
●夏期講習や夏期学習合宿で学力を伸ばし体力や精神力も鍛えます。
2.「豊かな経験」から深い学びへ
●授業だけでなく特別講座などの豊かな経験ができる機会を用意し、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を育成します。

実践例

・「新聞ノート」の作成 新聞記事を貼り、内容を要約し、自分の意見を書いて、提出する

・探求学習プログラム 社会課題の解決などについて、グループで考え、話し合い、発表する

・インターンシップへの参加 社会とつながることや、社会貢献について学ぶ(1年次)

・課題研究(プレゼンテーション) 自分で興味のある研究テーマを決め、調査・研究を行い、
「課題研究論文」としてまとめ、研究成果をパワーポイントで発表する(2年次)

3. 一人ひとりに合わせた、丁寧なサポート
●担任や飛翔スタッフとのこまめな面談を通して、自分の強みを伸ばす、弱点を克服するなど、今取り組むべき課題を共有します。
●一人ひとりが持っている力を最大限に引き出して、満足・納得できる進路の実現をめざします。
授業風景
4. ハイレベルな文武両道!
●飛翔コースで勉強を頑張るのはあたりまえ。部活動も頑張ることが学力を伸ばし、人間としての成長にもつながります!
●運動部や文化部で全国大会に出場したり、部長(キャプテン)を務めたり、飛翔コースの生徒が活躍しています!
●部活動で全国大会をめざしながら、国公立大学もめざす!そういったハイレベルな文武両道を応援します!

Teacher’s Voice

理科担当教員:
安達 博史先生

生徒一人ひとりの「人間力」を把握し、最大限に伸ばすことを目指します。

ここでは生徒一人ひとりがもつ実力を把握して、最大限に伸ばしていくことを目指しています。その実力とは、学力はもちろん、コミュニケーション能力・判断力・精神力など総合的な人間力です。私が行う理科の授業では、観察や実験などの主体的に学ぶ方法を積極的に取り入れ、大学進学を視野に入れたレポート指導も行っています。

Student’s Voice

2年:
名古屋市立日比野中学校出身

机に向かうだけではない、実践的な学びが得られます。

飛翔コースの授業は、多くの人が積極的に挙手して発言します。そのため誰でも発言しやすく、ただ聞くことだけでなく自ら主体的に考え発言することで理解も深まります。また学習面だけでなく、インターンシップで社会の経験をして自ら動く努力をするなど、社会に出る上で必要な能力も身に付けることができたと思います。

OB・OGインタビュー

飛翔コースのOB・OGインタビュー

飛翔コースのOB・OGに 卒業後の今のことを交えインタビューしました。どのような高校生活を送っていたのか聞いてみましょう。

pagetop