東海学園高等学校

MENU

トップ > 進路指導 > OB・OGインタビュー

進路指導

OB・OGインタビュー

卒業生たちがどのような高校生活を送っていたのか、
卒業後の大学生・社会人OB&OGに今のことも交えながら聞きました。

飛翔コース

大学生OB
同志社大学
法学部 法律学科
小伊勢 遼太 さん
小さい頃から京都の雰囲気が好きで、進学するなら同志社大学にしようと考えていました。それで1年生の夏休みにオープンキャンパスに出かけたり、2年生のうちから受験対策を始めたりしたんです。早めに目標を立てたことで、自分がいつまでに何をすればいいか把握できたのは良かったですし、東海学園高校に同志社大学出身の先生がいたことも幸いでしたね。「大学がいかに楽しいか」という話を聞くことで、最後までモチベーションを維持することができました。そんな風に念願叶って入った大学なので、これからも真剣に勉強し、ひとつでも多くの知識を得たいと考えています。
飛翔コース(文系クラス)/日進市立日進東中学校出身
大学生OB
信州大学
農学部 農学生命科学科 植物資源科学コース
岸 直人 さん
生物の授業が得意だったこともあって、1年生の終わり頃から「信州大学の農学部に行きたい」と思うようになりました。そこで進路がはっきりした分、準備もしやすかったですね。苦手な数学の弱点を補うなど勉強はしていましたが、先生や両親の希望もあって推薦入試を受けることにしました。例年よりも倍率が高かったので不安になりましたが、無事合格することができてほっとしました。将来の目標は、地元の農協で働くこと。農作物を自分の手で育てて、地元の人たちにそのおいしさを伝えていきたいです。
飛翔コース(理系クラス)/名古屋市立扇台中学校出身
大学生OB
法政大学
生命科学部 生命機能学科
安藤 竜太郎 さん
僕は小さい頃に家族旅行で訪れて以来、東京に対する憧れが強くて、ずっと「上京したい」という想いを持っていました。それで、この東海学園に入学した当初から東京の大学を受験するつもりで計画的に勉強していたんです。模擬試験の結果が悪くて落ち込むこともあったんですけど、そのたびに担任の先生に励ましてもらって、最終的に満足のいく結果を出すことができました。最後まで諦めずにひとつのことをやり遂げたことで、精神的にもちょっと大人に近づけた気がします。
飛翔コース(理系クラス)/名古屋市立駒方中学校出身
大学生OB
静岡県立大学
国際関係学部 国際関係学科
井上 宏紀 さん
進路を静岡県立大学に定めたのは3年生の春。担任の先生に相談したところ「まだ合格できるレベルに達していない」と言われました。でも同時に「めざすなら本気で頑張れ」と背中を押されて、そこで心のスイッチが入りましたね。授業で分からないことがあったら先生のところに聞きに行き、中でも得意な英語を伸ばすことで合格を勝ち取りました。大学では生きた英語と国際感覚を身に付けて、世界のありようを正しい視点から伝えられる新聞記者をめざしたいと思います。
飛翔コース(理系クラス)/名古屋市立大高中学校出身

留学コース

大学生OG
名古屋大学
文学部
岡田 ももか さん
私、中学生の頃に漠然と「国連の職員になって世界の教育を支えたい」と思ったんです。それで海外で勉強しようと思い、留学コースのある東海学園高校に入学しました。カナダの学校では、現地の学生と世界情勢について議論を交わしたことが思い出深いですね。海外の人たちってみんなすごく積極的で、知識が豊富で、考え方も創造的で。だからこそ、そこで自分に足りないものが見えたような気がします。教養は、自分の人生を支えてくれる大切な資産。大学では社会学を専攻し、常に将来を見据えながら、もっとたくさんの知識を積極的に取り入れていきたいです。
留学コース(1年コース)/みよし市立北中学校出身
大学生OB
上智大学
法学部 国際関係法学科
渡辺 勇大 さん
留学コースに魅力を感じて東海学園高校に入りました。通学に1時間以上かかるので朝が早く、慣れるまでは大変でしたが、3年間を過ごした今では最良の選択だったと思っています。留学先のカナダでは現地の学校に編入し、「Social studies(社会)」や「Psychology(心理学)」といった興味のある学問を追求する楽しい日々を過ごしました。僕は世界情勢や時事問題に興味があるので、大学ではそのプロセスを解き明かす「国際政治学」を中心に学ぶつもりです。具体的な夢や目標はまだありませんが、留学の経験も踏まえながら自分らしい将来像を描いていこうと思います。
留学コース(1年コース)/半田市立成岩中学校出身
大学生OG
法政大学
グローバル教養学部 グローバル教養学科
宗片 彩 さん
学校説明会で先輩が話しているのを聞いてスゴイと思い、自分ももっと話せるようになりたいと思いました。私は小学校から中学校までアメリカで過ごし、日本でも英語にしっかりと触れることができるTGRCに決めました。1年生のときには英語ディベートを頑張りました。ディベート講習会などを通して、原発のことなど、社会的な話題について興味を持つようになりました。 留学中に選択したメディアアーツの授業では、カメラ撮影、ポスター作成、撮影編集した自分の顔を使った雑誌の表紙製作などの課題が出され、クラスメイトとチームでプロジェクトに取り組み、課題を説明するプレゼンテーションを行ったりしました。課題のプレゼンテーションについてたくさん議論をする中、チームと親しくなり、友達もたくさんできました。入部テストに合格したサッカー部では、練習や試合をたくさん経験することができました。フェリーに乗って、遠方に試合に行く道中、チームメイトとたくさん話す機会があり仲良くなれました。別シーズンにはチームメイトに誘われてバスケ部に入部しました。ホストが試合に応援に来てくれたこともとても嬉しかったです。 帰国後は大学入試を頑張りました。夏のTGRC特別授業が開かれ、知識や表現について助けていただきました。リベラルアーツが学べる大学で、幅広いカリキュラムの中、英語で教養を深める授業を受けることができ、自分をもっと伸ばせる環境に進学をサポートしてくれた先生たちにとても感謝しています。
留学コース/豊田市立松平中学校出身
大学生OG
青山学院大学
文学部 英米文学科
鈴木 優歌 さん
TGRCの留学制度は3年間で卒業できるので選びました。英語ディベート、外国語大学での特別授業、学校内外のスピーチコンテストなど留学前のプログラムもとても充実していました。 カナダではバスケ部に入部し、遠征先でピザを囲んでチームメイトと夜に語り合ったりするなど、バスケを通してチームメイトと親しくなれました。州大会で2位をとり、MVPにも選ばれたときは本当に嬉しかったです。チームメイトに誘われ、別シーズンにサッカー部、秋にはクロスカントリーに挑戦しました。チーム競技のクロスカントリーで、地区で勝ち抜いていき、バンクーバー市で開かれる州大会にも参加しました。クラスにも友達がたくさんでき、放課後にアイスクリーム屋やダウンタウンに行ったり、お泊り会やクリスマスプレゼントの買い出しをしたり、ホームパーティに誘われたりなど、楽しい思い出がたくさんできました。校長先生の紹介でボランティアにも参加し、障害を持つ子供たちと交流を持てました。その経験もあり、町のリサイクルショップでボランティア募集の看板を見て、自分から飛び込むことができました。わずか週3回でしたが、お客さんから気さくに話しかけられ、会話力に自信を持つことができました。 帰国後、茶道部顧問の先生にカナダでお茶会を披露したことを話したときには、とても喜んでくれました。大学ではアフリカやインドの英文学を研究しますが、様々な文化についてもっと学びたいと思っています。
留学コース/豊田市立朝日丘中学校出身
大学生OG
同志社大学
法学部 政治学科
手嶋 里帆 さん
TGRCは早朝にネイティブとの個別会話練習や、英語教育の大学教授のプレゼン指導など本当に充実していました。 カナダではホスト、先生、たくさんの人に質問し、友達の輪を広げることができました。プロジェクト型の活動が多い「環境」の授業では、活動のたびにプレゼン、レポートエッセイを繰り返し、英文を書くことに抵抗がなくなり、また、現地の学生や外部の方のプレゼンを多くみることもでき、勉強になりました。ホームステイでは、ホストシスターととても仲良くなり、いろいろな場所に行きました。ビクトリア市やアメリカ旅行で買い物や観光できたことが、とてもいい経験でした。 帰国後にもTGRCの先生たちは面倒見がよく、最後までしっかりと付き添って指導をしてくれます。TOEIC対策授業でじっくりと時間をかけて指導してもらい、また、学部研究や志望理由、セミナー方式の大学入試対策、面接練習も何度も行っていただきました。大学では政治的な観点から国際情勢を研究し、将来は一つの問題を解決するために国の利益も考えながら、様々な観点から問題解決ができる外交官、環境特派員になりたいと思っています。
留学コース/豊田市立高岡中学校出身
大学生OG
上智大学
国際教養学部 国際教養学科
中原 幸美 さん
中学時に、スピーチコンテストで優勝した経験をきっかけに、英語力をもっと伸ばしたいと思い、スタッフルームが教室のすぐ横にあり、ネイティブの先生との距離が近くにあると学校説明会で聞き、TGRCに決めました。1年生のときには英語教育の大学教授から、プレゼンのしっかりとしたフィードバックをもらうことができ、留学中に社会学の授業でたくさんのプレゼン・ディベート・エッセイを課されたときにも、とても役に立ちました。 日本人はもちろん、他国からの留学生もいなかったので先生にたくさん質問をし、ホストからもサポートをしてもらうことができました。所属したバスケ部では、チームメイトの先輩がとてもやさしく、毎日一生懸命に練習にいくことができ、選手に選ばれた地区大会では優勝をすることができました。また、地域のテニスクラブに入ることで、学校の人たちだけでなく、地域の人と触れ合うことができ、その地域に属している感じが増しました。学校の友達と一緒にボランティア活動にも参加し、ルーマニアの貧しい子供たちに募金を送りました。この経験をきっかけに世界の問題にも目を向けるようになり、将来は国際連盟の職員として、貧しい国の人々を助けることが目標になりました。留学経験を通して、私は英語力と将来の目標を得ることができました。 帰国後に、先生たちにたくさん指導してもらい、志望校に合格し、とても感謝しています。国際経営を専攻し、広告広報という方法で、世の中のたくさんの人たちに認知してもらうことで、貧しい人たちを助けたいと考えています。
留学コース/名古屋市立神丘中学校出身
大学生OG
愛知県立大学
外国語学部 国際関係学科
内藤 ベナリン さん
私は、TGRCには資格目標がしっかりと示されていたので、自分がその域まで達成できると思いました。目標よりももっと高いTOEIC 900点を超えることができ、とても嬉しかったです。TGRCは留学派遣先が多く、1校につき一人か二人という少人数で留学できると聞き、入学しました。学校説明会で聞いた通り、コンテストや夏のプログラムが充実しており、放課後の英検対策、TOEIC対策など、自分がやりたいことを先生たちがサポートしてくれる環境でした。 留学中は、Social Studies上級クラスを選択し、しっかりと教科書を読み込み、わからないことは、先生や友達に聞くことができました。カナダ人学生の上級生しかいない授業でしたが、レポートエッセイでクラス一番をとることができ、とても嬉しかったです。後期にはカナダ人の友達から頼まれて、よく教えることもあるほどにまで成長できました。視野を広げることができ、授業を通して学んだことが、自分の進路を決定する際に、研究したいと思う分野になりました。 帰国後には、さらに英語力を高めるトレーニングをたくさん行いました。TGRCの先生から自分に合った学習方法を紹介してもらいました。困ったときにはスタッフルームに先生たちが居て、英語に関することから自分自身に関することまで、なんでも相談に乗ってもらうことができました。大学では発展途上国の人々の暮らしの向上や少子高齢化などの社会問題について研究し、将来は海外に進出するグローバル企業に入り、日本と海外をつなげる役割になりたいと思っています。
留学コース/みよし市立三好中学校出身
大学生OG
上智大学
文学部 フランス文学科
伊藤 さくら さん
TGRCでは、1年生の時からカナダ文化に関する授業や英語の歌を使うアクティビティなどを通して、楽しい方法で英語を学べます。英語ディベートを通して、毎日学校で遅くまでリサーチをして知識を身につけ、他校のチームと練習試合を重ねることで、違う意見や考え方や発想を知ることができてとてもためになりました。 留学中は、カナダの政党についてなどの政治・歴史を扱うSocial Study、Communication、パソコンを使いながら行うAstronomy(天文学)の授業では授業内容や英語のスピードに大変苦労しました。とにかく、たくさん辞書を引き、文脈の中で意味が理解しにくい単語はホストや先生に聞いたので、宇宙、政治、歴史など幅広い分野での単語力を身につけ、リーディング、ライティングが得意になりました。最後のエッセイで褒められたことがとてもうれしかったです。授業を通して一緒に苦労をしたカナダ人の生徒や他国からの留学生たちととても仲良くなることができたのもよかったです。ホストシスターとも仲良くなり、一緒に映画を観たり、お菓子作りやジョギング、トレッキング、ショッピングに行ったりして過ごしていました。 帰国後はTOEICのスコアアップに力を注ぎました。TGRCに入りTOEICのスコアを550点以上も伸ばすことができたのは本当に驚きです。大学では第2外国語をマスターし、視野を広げるためフランス文化やヨーロッパ文化を学び、いろいろな人たちとの出会いを大切にしたいと思っています。
留学コース/日進市立日進東中学校出身

明照コース

大学生OB
富山大学
理学部 数学科
井上 嵩大 さん
入学当初を振り返ってまず浮かぶのは、早くからクラスの仲が良かったことですね。高校って知らない人同士が集まるからギクシャクするのかなと思ったけど、みんなフレンドリーで。だから学校生活は楽しい思い出ばかりです。特に文化祭と体育祭はみんな一丸になって盛り上がったので印象深いですね。もちろん学習面も気を抜くことなく、3年生に上がってからは国公立大学を目標に、日々の授業を大切にしながら受験勉強に励みました。そんな努力と先生の指導の甲斐あって無事に志望大学に合格できたので、これからは大好きな数学を心ゆくまで探求したいと思います。
明照コース(理系クラス)/岩倉市立岩倉中学校出身
大学生OG
同志社女子大学
生活科学部 食物栄養学科
宮下 玲羽 さん
2年生になって進路を意識したとき、身近なものだからこそ「食」について深く知りたいと思いました。もともとは医療に興味があったので、食品を通じて人を健康にできないかなって思ったんです。3年生の夏に候補の大学を絞ってからは、毎日欠かさず真剣に勉強しました。わからないことがあれば先生に質問して、休みの日は11時間くらい机に向かって、「自分はこんなに勉強できたんだ!」って驚いたくらいです。そんな私が第一志望の同志社女子大学に合格できたのは、生徒一人ひとりと真剣に向き合ってくれる先生たちの協力があったからこそだと思います。
明照コース(理系クラス)/名古屋市立御幸山中学校出身
大学生OB
香川大学
農学部 応用生物学科
白鯛 圭吾 さん
小学生のときに何気なく始めた家庭菜園がきっかけで農業を志すようになりました。農学部のある大学に進みたかったのですが、愛知県内だと選択肢は限られているし、自分の理想の学習環境とも違っていて。それでどうしようか悩んでいるときに、ずっと憧れていた香川大学への挑戦を色々な先生が応援してくれたんです。香川県はもともと生まれ育った土地で、僕にとって特別な場所です。論文の書き方から面接の練習まで、先生方にはとにかくお世話になりました。もし、あのときの後押しがなかったら、今の自分はいないかもしれません。
明照コース(理系クラス)/名古屋市立天白中学校出身
大学生OG
東海学園大学
教育学部 教育学科 保育専攻
西村 玲美 さん
私が東海学園高校に入学した理由は、その先の系列大学である東海学園大学に興味があったから。小さいときからずっと保育士になりたくて、児童保育について学べる大学に行きたかったんです。私にとって幸運だったのは、高校でも幼稚園実習に参加する機会があったこと。小さな子どもたちのお世話をするのは大変だったけど、その分やりがいも大きくて、保育士になりたいという思いがますます強くなりました。念願の東海学園大学では、学童保育のアルバイトをして日頃から子どもたちと関わりながら、保育の知識や技術を磨いていきたいです。
明照コース(文系クラス)/名古屋市立平針中学校出身
社会人OB
四季株式会社(劇団四季)
劇場部 劇場管理
松澤 朋也 さん
劇場管理の仕事は、お客様に快適な時間を過ごしていただくこと。設備の点検や舞台の準備などいろいろな業務がありますが、中でも大変なのが空調の操作です。舞台と客席、それぞれの温度や風速を上手く調整しないと、幕が降りなかったりスモークが意図しない方向に流れたりして、舞台の演出を邪魔してしまうんです。責任は重大ですが、その分やりがいも大きいですね。また意外なところで、高校時代に理系クラスで学んだ化学の知識が役立っています。先生や友人との出会い、楽しかった行事の思い出も含め、東海学園高校で過ごした日々は私のかけがえのない財産です。
明照コース(理系クラス)/名古屋市立天白中学校出身 名古屋造形大学卒業
大学生OG
東海学園大学
教育学部 教育学科 養護教諭専攻
三輪 玲奈 さん
私は中学時代、部活のことでごはんが食べられないくらい悩んでいた時期がありました。そのとき保健室の先生に相談したら、少しずつ改善していって元気になれたんです。「養護教諭になりたい」という思いが生まれたのは、きっとそのときですね。だからこそ、高校3年生になって進路を意識したとき、一番身近な東海学園大学に養護教諭専攻があったのは幸いでした。これから大学でたくさんのことを学んで、お世話になった保健室の先生のような、生徒をしっかりと支えられる養護教諭になりたいです。
明照コース(理系クラス)/日進市立日進東中学校出身
大学生OB
愛知教育大学
教育学部 特別支援学校教員養成課程
坂入 慶一 さん
高校時代は勉強と陸上部の両立に力を入れました。2年生になって部長を務めてからは、成績が落ちないようにバランスを意識しましたね。勉強方法や練習メニューを自分で工夫するようになったので、そこで自主性が磨かれた気がします。第一志望を諦めきれず浪人生活を選びましたが、東海学園で磨かれた自主性のおかげか、迷ったり妥協したりせず勉強に打ち込むことができました。無事、希望の大学に合格できたのは、自主性を育んでくれた学校や、浪人という決断を後押ししてくれた先生方のおかげだと思います。
明照コース(文系クラス)/名古屋市立若葉中学校出身
社会人OG
国立病院機構 東名古屋病院
看護師
上村 優希 さん
親戚に医療関係者がいた影響からか、高校1年の時点で看護の仕事に興味があったんです。それで2年から理系に進むんですけど、クラスには私と同じように看護師志望の女の子が多かったので、将来について語り合うなど有意義な時間を過ごせました。担任の先生には勉強のやる気を引き出してもらったり、看護学校の面接練習を手伝ってもらったりと、とてもお世話になりました。もし東海学園に入学していなかったら、もし友だちや先生に出会っていなかったら、看護師としての私はいなかったかもしれませんね。
明照コース(理系クラス)/東郷町立春木中学校出身 豊田地域看護専門学校卒業
pagetop